ポケモン20周年

  • ストーリー
  • ポケモン・キャラクター
  • 動画
  • 特別前売券
  • ニュース
  • 映画上映館
  • Facebook
  • メニュー

初日舞台挨拶レポート!

main
7月15日(土)「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公開初日、
東京都内で初日舞台挨拶が行われました。
 
minasann
まずはステージにピカチュウが登場。続いてピカチュウの呼びかけで、
本郷奏多さん(ソウジ役)、古田新太さん(ボンジイ役)、中川翔子さん(ジョーイ役)、
山寺宏一さん(マーシャドー役)、松本梨香さん(サトシ役)、湯山監督が、
おそろいの黄色い“キミにきめた!”Tシャツを着て登場しました。
 
yuyama
まずは湯山監督から「アニメのポケモンはサトシとピカチュウが出会ったところから始まりました。
そこにもどって、ゼロからもう一度作り直してみたかった。
夏の思い出として、お土産を持って帰ってくれると嬉しいなと思います」と挨拶。
 
hongo
本郷さんは「みなさん、“マーシャドー”うけとりましたか? どうしても初日にほしかったので、持ってきたんですけど…」と、ニンテンドー3DSを取り出し、みんなの笑いをさそっていました。 
しばらくするとマーシャドーを受け取れたようで、「あっ、受け取れた!壇上でゲットしたのは僕しかいない…」と嬉しげにコメント。
今回のゲスト声優出演について「20年前からずっと好きな作品だったので、出演できて嬉しかったです。
すばらしい映画と感じてくださったと思うので、まわりにひろめて、たくさん観ていただけたら!」と話してくれました。
 
furuta
次に、古田さんが挨拶。
「こんにちは。ボンジイ役の古田新太です。20年前、友達の犬山(イヌコ)がニャースを演るというのを聞いて“そうなのかい”と言っていたら、20年も続く作品になっていたので“クソ―ッ”と思っています」と言うと、
お客さんは大笑い。続けて「今回、ファミリーに入れていただいて喜んでおります」とコメントしました。
 
nakagawa
中川さんは「ポケんちわー!」の挨拶で会場をさらに盛り上げ、20周年の喜びと愛を熱く語ってくれました。
「ポケモン映画を観ることによって、そしてサトシとピカチュウの絆によって、自分以上の大切な誰かを心から守れる存在になりたい、強くなりたい、いろんな気持ちにさせてもらえます」とコメント。
最後に「名乗るのを忘れていました。中川翔子です」と挨拶すると、会場から笑いが起こっていました。
 
yamadera
山寺さんは「人間とポケモン、サトシとピカチュウの絆が描かれていますが、ここにいる松本梨香さんとは養成所の同期で、本当に古い友達です。(松本さんに向かって)元気に続けてきて良かったな!」とコメント。
「20年、ずっとこの舞台に立たせていただいて、いま感動しております。本当に今日はありがとうございます!」と挨拶しました。
 
matsu_pika
続いて松本さんが「皆様、どうでしたか? よかったですか?」と呼びかけると、
会場からは大きな拍手がわき起こりました。
「ピカチュウ、よかったって!うれしいね!」としばしピカチュウと喜びを分かち合う松本さん。
「スタッフ、キャスト、ポケモンを愛してくださる皆さんがいてこその20年目だと思います。みんなと一緒に20年間一歩一歩、歩いてきたなという感じがします。(ポケモン映画は)成人式を迎えて、これからまたもっともっとみんなに映画を届けるべくがんばっていくので、これからもずっと長く応援してください」とコメントしました。
 
ここでオープニング主題歌の「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」について振られた松本さん。
「みんなをつなげるボンドみたいなそんな歌になってきたなと思っています。 
今は日本全国の人が口ずさめますし、この前パリの「Japan Expo」で歌ったんですけど、
フランスのみんなも日本語で歌えるんですね。世界をつなげる、笑顔にしてくれる歌になっていて、
それを歌わせていただけているということに対して感謝の気持ちでいっぱいです」と答えていました。
 
gassho
その後、「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」を出演者の皆さん、そして会場のお客さんと一緒に大合唱。歌が終ると会場からは大きな歓声と拍手がわき起こり、松本さんをはじめ出演者たちは感動していました。
 
hayashi
その感動もさめやらぬうち、なんとサプライズゲストが!エンディング主題歌「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」を歌う歌手の林明日香さんが登場しました。
林さんは「出演者の皆さん、制作者の皆さん、監督さん、プロデューサーさん、そして本当にたくさんのファンのみなさんの思いを受け渡させていただいているという、本当に幸せな気持ちで歌わせていただきました」とコメント。
「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」を熱唱し、会場中が感動で一杯になりました。
 
松本さんも感動のあまり、思わず泣いてしまう場面も。
コメントを求められた松本さんは「私と同じ思いをみんなも同じように感じたと思います。サトシを演じるとき、観てくれているファンの方々の目線で演じているつもりでいるので、今この歌を聴いて、20年間のいろんなことを走馬燈のように思い出したんですけど、多分みんなも、色んな事を感じて、自分の大切な人をこの歌で思い出したんじゃないかなと思います」と答えてくれました。

matsu_pika0
山寺さんから「今の明日香ちゃんの歌、どうだった?」と振られたピカチュウも、「ピカピカチュウ~」と感動で泣いており、松本さんとピカチュウが抱き合うという、二人の絆を感じさせる一幕もありました。
 
minnna
最後の記念撮影では、松本さんの「キミに」に続けて、会場のみんなで「きめた!」とコール。
笑いと感動の初日舞台挨拶となりました。


フランス・パリで開かれた「Japan Expo Paris 2017」でワールドプレミア開催!

small05_3000人とキミにきめ
フランス・パリで開かれた「Japan Expo Paris 2017」で、
現地時間7月6日(木)、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のワールドプレミアが開催されました。
 
Japan Expoは、世界最大規模の日本カルチャーイベントで、
マンガ、アニメ、ゲーム、音楽、ファッション、映画などのポップカルチャーや、
文化芸能、着物、日本食等の料理、文学、伝統文化など、幅広いジャンルの日本文化を発信。
2016年は23万人以上動員したという一大イベント。
 
その「Japan Expo Paris 2017」のオープニングナイトイベントとして、
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」ワールドプレミアが、
期間中、唯一の新作長編映画上映イベントとして開催されました。
 
small01会場オープン時
日本での公開を前に、ポケモン映画が海外でお披露目されるのは今回が初めての試み。
Japan Expo記者会見で情報が発表されてから、
現地ではワールドプレミアの問い合わせが殺到し、急遽、整理券を配布することに。
しかし、当日、会場がオープンするのと同時に、
イベントを楽しみにしていた来場者たちがチケット窓口に集まり、立ち見が出るほどの盛況となりました。
 
今回のワールドプレミア実施に関わったJapan Expo創立者のトマ・シルデ氏によると、
「フランスでも人気の高いポケモン映画の最新作をオープニングイベントとして迎えることができて、
Japan Expoに来場したファンにとってはこれ以上ない体験になった」とのこと。
本作は、いまやすっかり最高のパートナーとなっているサトシとピカチュウの「出会い」と「約束」の物語。
ポケモン映画を初めて観る人はもちろん、ふたりを知る人ならなおさら、
涙なくしては観られない感動の物語となっていることもあり、
フランスでも号泣する人が続出していました。
 
small02トークセッション
上映後の舞台挨拶では歴代のポケモン映画を監督してきた湯山邦彦監督、
サトシの声を務める松本梨香、そしてピカチュウが登壇。
映画を観たばかりの観客から大歓声で迎えられ、
湯山監督がフランス語で「初めまして!私が湯山です。元気ですか?」と話すと、
会場からは割れんばかりの大きな声で「元気です!」と返ってくるなど、場内の雰囲気は序盤から上々。
「フランスのお客さんは、笑ったり手を叩いたり、反応がハッキリしていて面白かった」と
上映中に場内で一緒に映画を観た感想を語っていました。
 
松本梨香さんも、通常は吹替版でポケモン映画を観ているフランスの観客を前に
「世界中で各地の声優さんたちが今日もサトシをお客さんに届けてくれている。
世界中のサトシに“ありがとう”と伝えたい。そして、今日はみんなに生の声を届けたいです!
準備はいいかな?ポケモン、ゲットだぜ!」と場内を盛り上げると、
予想を越える観客の反応に松本さんの目にもうっすらと涙が…。
 
small03主題歌を歌う松本
映画のオープニング主題歌「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」を歌う頃には、
場内の盛り上がりはピークに!
最後は3,000人の観客と一緒に「キミにきめた!」コールをして、
会場が国境を越えて一つになりました。
 
舞台挨拶後のお客さんからは「全てのポケモン映画を観てきたけど、今回のが1番!トレビアン!」、
「ポケモン映画だけど、お父さんが泣いてた。また家族全員で観に行きたい!」など、絶賛の声が相次ぎました。

また、世界中で社会現象となり、ローンチから早くも一周年を迎えた『Pokemon GO』では、
現地時間6日(木)【=日本時間7月7日(金)】に、
テレビアニメシリーズの主人公サトシが20年前の放送開始時に
身に着けていた帽子(オリジナルキャップ)をかぶったピカチュウが全世界で登場することが発表。
Japan Expoの会場でも、直前の発表に興奮するユーザーが見受けられ、
ポケモン映画で初となるワールドプレミアを開催したこの日、
フランス、そして世界がポケモン映画の20周年を祝福しました。


ロケット団緊急会合“潜入”レポート!

rocket02
映画公開2日前の7月13日(木)に都内某所でロケット団の緊急会合が開催されました。
当日は総勢100名のロケット団員、入団希望者たちが集合。
「世界を震撼させる超巨大プロジェクト」の発表があるという緊急会合の前に、
会場近くの広場に案内され、行ってみると、そこになんと巨大なニャース気球が出現!
集まった団員たちはもとより、通りすがりの人々もその光景に驚いていました。

rocket03
だんだん大きくふくらんでいくニャース気球

rocket3
緊急会合開始前、続々と会場に集まってくる団員たち。
会場のスクリーンに映し出されたロケット団のマークを見るなり、興奮。
なかには会場に流れる団歌をいっしょに口ずさむ団員も。

rocket04
いよいよ会合がスタートし、ムサシ、コジロウ、ニャースの声が会場内に聞こえてくると、
団員たちは歓喜の声をあげていました。さらにニャースが姿を現すと、さらに大盛り上がり。

そして、ついに「世界を震撼させる超巨大プロジェクト」の発表。
そのプロジェクトとは、先ほどのニャース気球で日本のいろんなところに出没し
大暴れするというもの。この発表に会場の団員たちからどよめきが…!

さらに『おはスタ』(テレビ東京系列 月~金あさ7:05~放送)や『ポケモンの家あつまる』(テレビ東京系列 毎週日曜あさ8時~放送)、また7/15(土)発売の雑誌『ポケモンファン』にもニャース気球のことがとりあげられるという発表に、団員たちも喜んでいました。

続いて、ムサシ、コジロウ、ニャースから、会場の団員たちへ質問タイム。「私たちの部下になったら何ができる?特技は?」とムサシから質問されたある団員が「英語です」と答えると、ムサシとコジロウは口をそろえて「助かる~」と返答。またその団員が「だから、世界侵略のお手伝いができます!」と言うと、他の団員たちから拍手が起こりました。
 
rocket05

世界初上映となる「ポケットモンスター 第1話」のデジタルリマスター版を観覧した後、記念撮影をして緊急会合は無事終了したのでした。

rocket01


完成披露試写会レポート!

1_20170702『劇場版ポケット
2017年7月2日(日)、TOKYO DOME CITY HALLにて
完成披露試写会がおこなわれました。


01
本郷奏多さん(ソウジ役)、佐藤栞里さん(マコト役)、
古田新太さん(ボンジイ役)、中川翔子さん(ジョーイ役)、
山寺宏一さん(マーシャドー役)、松本梨香さん(サトシ役)、
湯山邦彦監督が浴衣姿で登壇。
「サトシとピカチュウの出会いから、もう一度、
あらためて絆を描き出すというテーマで、今回このような作品になりました。
20年の思いをたっぷりこめた作品になっていますので、楽しんでください」と、
まずは湯山監督から挨拶がありました。


02

続いて、松本梨香さんが「ポケモンの映画、待ってましたか?」と客席に声をかけると、
「はーい」という元気な声が!
サトシの声で「ポケモン、ゲットだぜ!」と言うと、
さらに会場は大盛り上がり。
「最近は(サトシの声が)“似てる~”じゃなくて、
“うまい”と言われるようになりました」と言うと、
客席からは笑いが起こっていました。


03

ソウジ役の本郷奏多さんは
「小さい頃、ポケモンのアニメが放送される曜日は、
外に遊びに行かずに家に帰って観ていたほど好きだったので、
今年出演できて本当にうれしかったです」とコメント。


04

マコト役の佐藤栞里さんは
「みなさん、まだ映画を観ていないにもかかわらず、目がキラキラしていて、かわいい笑顔で…。
この20年ポケモンは愛されてきたんだなと実感しています。
その期待は裏切りません!楽しんで観てください」と
元気いっぱいに客席に呼びかけました。


05

ボンジイ役の古田新太さんは「(自分は)場違いですね~。
申し訳ないね、こんなおじさんがいて(笑)」と挨拶をし、客席の笑いを誘っていました。
また20年前、ニャース役の犬山イヌコさんとラジオ番組で一緒だったという古田さん。
「“犬山のくせに、ネコかよ”って言ってた頃から20年たっちゃったんだ」と
20年前の当時を振り返っていました。


06

ジョーイ役の中川翔子さんは「ポケんちは~」と元気に挨拶!
「たくさんの人たちが、かぞえきれないくらいたくさんの形でポケモンにかかわりあって、
たくさんの友だちができて、地球がポケモンでひとつになる、
そんな20年のみんなの思い出の結晶、最高の傑作が生まれるこの夏に立ち会うことができて、
レガシーを目撃している私たちは…」と熱く長く語っているところで、
となりの山寺さんから「ここは一言のところですよ。毎年言いますけど」と注意が…。
最後に、「ポケモンに出会えてよかった――!」とシャウトでしめていました。


07

幻のポケモン「マーシャドー」役の山寺宏一さんからは、
「涙なしでは観られない。ポケモンをずっと応援してくれている人、
昔観ていていた人、はじめて観る人、そんな方に、本当に楽しんで感動していただける、
20周年にふさわしいすばらしい作品です」と挨拶がありました。
「僕のやっているマーシャドーは少ししかしゃべりませんけど、
とても面白い声をだしているので、ぜひみなさん覚えて真似してみてください。
“マーシャドーやってみた”で動画とかあげてください(笑)」とコメント。
実際に山寺さんがマーシャドーを演じると、
客席からは口々にマーシャドーの真似をする声が起こっていました。


010

挨拶のあとは、ゲスト声優たちの20年前を写真とともにふりかえるコーナー。
20年前、本郷さんは6歳。ローラーブレードを履いた当時の姿がスクリーンに映し出されました。
キャップを後ろ向きにかぶってサトシを意識しているよう。
この時の自分に声をかけるとしたら、という質問に
「“20年後サトシと一緒に冒険できるぜ!”って声をかけてあげたら、
すごく喜ぶと思う」と答えていました。
続けて客席に向け「ポケモンはこれからもずっと続くと思うから、
みんなもサトシと冒険ができる日が来るかもしれないね。
ずっとポケモンを好きでいてくれたらうれしい」とコメントしました。


013
20年前の次世代ワールドホビーフェアの会場で
『めざせポケモンマスター』を歌っている松本さんの姿も
スクリーンに映し出されました。


012
中川さんは、20年前、今のようにポケモンに関わると思っていたかという質問に
「夢にも思っていなかったです!
夢は、時には妄想を超えた形で叶ったりするんだなと思いました」と答えていました。


2_20170702『劇場版ポケット

最後に20作品の映画タイトルが書かれたタスキをかけた、
20匹のピカチュウが登場!
そのかわいさに客席からは歓声が起こっていました。
そして、そのピカチュウたちと、ゲスト声優、客席のみなさんで、
いっしょに「キミにきめた!」とポーズを決めて撮影。


20年前の思い、20年間の思い、現在の思い、いろんな思いがあふれ出た
ステキな完成披露試写会となりました。


映画公開はいよいよ約2週間後の7月15日(土)です!


次世代ワールドホビーフェア‘17 Summer の様子をレポート!

POKEBOOTH01

6月24日(土)、25日(日)に幕張メッセで行われた次世代ワールドホビーフェア‘17 Summer。
ポケモンブースでは、映画公開間近とあって
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に関する情報がもりもり盛りだくさん!
「ポケモン映画最新情報ステージ」では、
1日目・あばれる君と大谷凜香ちゃん、2日目・中川翔子さんと大谷凜香ちゃんがMCを担当。
ステージをみにきてくれたお友だちと「ぜんりょくポーズ!1・2・3!」でいっしょに遊んだり、
クイズをしたり、時には歌のライブがあったり…と内容ギッシリ。
「ここにきてくれているパパ・ママの中で、
第1作目の「ミュウツーの逆襲」を子どものころ観た人!」という質問をしてみると、
手を上げる人たちが何人もいて、
ポケモンの20年の歴史をあらためて感じさせられたよ。
ものすごくたくさんの人たちが遊びにきてくれていて、
みんなの映画への期待が強く伝わってきました!


POKEBOOTH03

他にも「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の世界を体験できる「オーキド研究所」が登場!
研究所内にいるピカチュウを探しだすというもので、
こちらにも、たくさんの人が行列をつくっていたよ!
また「キミにきめた!! 大声コンテスト」では、
ブースに来たお友だちが、「○○!キミにきめた!」とさけぶ声の大きさを測定!
チャレンジ希望のお友だちがたくさんいて、とても盛り上がっていたよ!


POKEBOOTH02
さらにポケモンブースには
Nintendo Switch初のポケモンタイトル『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』の試遊コーナーが登場。
いち早く遊ぼうとたくさんの人が並んでいたよ。
またポケモンブースのステージでも、『ポッ拳 DX』日本最速!バトルステージが開催され、
自称ポッ拳マスターのアキラさんに挑もうと、たくさんのお友だちが手を挙げていました!

POKEBOOTH04

「Zワザバトル研究所&モンコレ ステージ」では、
7月発売予定の『ロトムとゼンリョク! Zワザバトル研究所』の紹介や、
モンコレ20周年記念クイズなどお楽しみがいっぱい!
そして「ポケモンガオーレ スペシャルライブ」では、
映画を観に行くともらえる『スペシャルガオーレディスク「キミにきめたキャップ ピカチュウ」』で実際にガオーレでバトルをしたり、
高取ヒデアキさん、池田彩さん、小林竜之さんが登場してポケモンガオーレテーマソングのライブを行ったりで、
大盛り上がりだったんだ!


POKESTAGE01

6月24日(土)に行われた次世代WHFステージでは、
ポケんちプレゼンツ「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」スペシャルステージを開催!
ポケんちメンバーの中川翔子さん、ヒャダインさん、あばれる君、大谷凜香ちゃんが
サトシの帽子を身につけて登場!
そのあともちろんピカチュウも登場し、会場は大盛り上がり!
イチオーカ博士も伝説のポケモン「ホウオウ」の実際の大きさを再現したアルミの風船を持って、
ステージに来てくれました。
アルミの風船は翼を広げるとステージの横いっぱいの大きさで、
出演者や会場のみんなもびっくりしていたよ。


そして、スペシャルゲストとして、サトシ役の松本梨香さんが登場!
ポケモンクイズで会場のみんなと楽しんだ後、
今年の映画のとっておき映像をいっしょに観たよ。
とっておき映像は、ピカチュウとのはじめての出会いやサトシの意味深なセリフ、
そしてマーシャドーなどなど、気になるシーンばかり!


POKESTAGE02

そのあとは、ヒャダインさんとあばれる君が、
映画を観に行くと『ポケットモンスター サン・ムーン』にもらえる
通常のプレイでは出会うことのできな幻のポケモン「マーシャドー」で、
ポケモンバトルをしたよ!
マーシャドー専用のZワザ「しちせいだっこんたい」の威力にみんなびっくり!


最後に松本梨香さんが今年の映画のオープニング主題歌
「めざせポケモンマスター20th Anniversary」を歌ってくれたよ!
迫力ある歌声で、みんなとっても盛り上がっていたよ!


公開アフレコイベントレポート

20170615-『ポケモン』アフレ


6/15(水)東京都内某所にて、公開アフレコイベントが行われました。
この公開アフレコに、ソウジ役の本郷奏多さん、マコト役の佐藤栞里さん、マーシャドー役の山寺宏一さん、ジョーイ役の中川翔子さん、ボンジイ役の古田新太さん、湯山監督が登壇しました。


本郷20170615-『ポケモン』ア


劇場版1作目を映画館に観に行ったという佐藤さんは、今回ハツラツとした男勝りなマコトを演じました。
走るシーンがうまくいかず何度も練習した裏話も。


また、子どものころ、ポケモンのオンエアがある日は外に遊びに行かないほど好きだったという本郷さんは、
クールな中にも熱いものを秘めているソウジを見事に披露。
今回の出演に「もう思い残すことはありません」と言い、他の出演者たちの笑いをさそっていました。


中川さん


今作で11作目の出演となる中川さんは、あこがれのジョーイさんを熱演。監督に「ジョーイさんそのもの」といわれるほどに完璧なジョーイさんを演じました。
「これまでの11年の経験と監督からの言葉が人生のすべての瞬間に活かされ、人生ごとポケモンにつくってもらいました」と熱い思いを語ってくれました。


山寺20170615-『ポケモン』ア


古田さんは「もっとワクワクをのせてください」という指示に即座に対応し重厚ながらもワクワク感があふれ出すボンジイの演技をみせてくれました。声優をやるときは地声で演じることはないという古田さんは今回の地声での演技に「かえって照れました」とコメントしました。


20作連続出演の山寺さんは、今回マーシャドーの声を担当。「今まででいちばんセリフは少ないけれど、いちばん難しい」とコメントしました。「普通じゃない音、声じゃない音」「気道から出る音」という難しい指示に最初いろいろ試してみたという山寺さん。アフレコでは同時に2音、3音を出す不思議な声色を披露し、監督をはじめみんなの感嘆を誘っていました。


最後に映画タイトルの「キミにきめた!」にちなみ、「ゲスト声優の中で旅の仲間をきめるなら誰か」を指さしゲームで決めることに。
「あとでカドたったりしない?」「なんてことさせるんだ(笑)」と苦笑いのゲスト声優のみなさん。
結果は中川さん、山寺さん、古田さんは本郷さん。佐藤さんは古田さん。湯山監督は山寺さんを指さしていました。


映画の公開まであと1カ月! ゲスト声優のみなさんの熱演をぜひ劇場でチェックしてください!!



This is the Official WEB Site of “Pokémon the Movie” Copyright Notice