Pokémon

探検ピカチュウ

公開アフレコイベントレポート

minnna01
 
6/22(金)東京都内某所にて、公開アフレコイベントが行われました。
ラルゴ役の芦田愛菜さん、リサ役の川栄李奈さん、
ヒスイ役の野沢雅子さん、リク役の中川翔子さんが登壇。
  
ashida02
 
ラルゴ役の芦田さんは、
「小さいときからすごく身近だったポケモンの世界に参加できて、とてもうれしいと思っています」とご挨拶。音響監督をして「芯の強いラルゴを、しっかりと演じていた」といわしめるほど、見事な演技を披露してくれました。
また、サトシを男の子としてどう思いますか?という質問には
「ラルゴが困っているときにいつもサトシが助けに来てくれて、すごくかっこいいなと思いましたし、サトシって相手の気持ちやポケモンの気持ちをよくわかって、考えて、思って、行動できる男の子だなと思うので、そういうところもかっこいいですよね」と答えてくれました。
 
kawaei02
 
リサ役の川栄さんは、役を演じるにあたり、
「あまり声優としてのお仕事をする機会が少なくて、緊張もすごくしていましたし、女子高生役ということで、テンションが高かったり 口調も明るかったりしますが、私は普段暗いので、それを体の動きをつけずに、声だけで表現することに難しさを感じました」とコメント。
また自身の女子高生時代と比べて「私は本当に地味な高校生で、何かに熱中したりすることが特になかったので、リサはステキだなと思いました」と答えてくれました。
 
nozawa01
 
ヒスイ役の野沢さんは、ご自身の役について、
「(ヒスイという名前から)美女かと思ったらおばあちゃんで…」と会場の笑いを誘い、
続けて「最初はこわい人かなと思ったら、そんなことなくて。みなさん観ていただけたら、“あっ、なんていいおばあちゃんだろう”と分かっていただけると思います。お話の中の“教え”がとてもわかりやすいので、ぜひ3世代で観てください」とコメントしてくれました。
また、芦田さん、川栄さん、中川さんの演技についてコメントを求められた野沢さん、「私、みなさんが演じている時に、割と細かく見る人なんですよ」と言ってまた笑いを誘い、そして「お世辞抜きで、うまい! 演じているときに役の表情に合わせて顔を動かしたりなど、気持ちをものすごくのせているのが伝わってきて…。すばらしい!」と太鼓判を押していました。
声優界のレジェンド、野沢さんのコメントに中川さんは、「大ベテランでいらっしゃるのに、今もとてもアグレッシブで、大活躍していらっしゃって、世界中の人が野沢さんの声を待っている…こんな日本人いません!最高にかっこいい大先輩です!」と喜びをあらわにしていました。
 
nakagawa02
 
そんなリク役の中川さんは、今作で12年連続のゲスト出演とあって、今年の『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』への思いを聞かれ、「『みんなの物語』はまさに“みんな”の物語です。年齢・男女問わず、大切な人と観に行くと、より絆が特別になると思います。去年、私は5回観に行ったので、今年は倍、観に行きたいと思っています。そして作画がすばらしい!今年のサトシはぐりぐり動きますし、前髪のサラサラ加減、そしてロケット団がよりイケメンになっております。ポケモンたちの口の表情もとてもやわらかくなっていまして、監督が私と同じポケモンファースト世代なので、愛がいっぱい、すばらしい映画になっております。ぜひ、この伝説を目撃してください。映画館で、生で体験してこそ、心の中に残ると思います。SNSで語りまくりたいと思います。そして今回の私の推しポケモンはラッキーでございます」と熱い思いを1分という制限時間の中、早口で語ってくれました。
 
minnna02
 
また、夏直前ということで、もしポケモンと夏にデートに行くなら…?という質問に、
まずは芦田さんが「夏だからプールに行けたらいいなと思ったのですが、ゼラオラはでんきタイプだから、ダメですよね」と照れ笑いしつつ「おばけ屋敷にいっしょに入って、恐がりなので、中で明かりを照らして恐さをやわらげてもらえたらいいなと思います」と答えてくれました。
川栄さんは「イーブイが大人気ということで、イーブイを抱っこして渋谷を歩き、みんなに見せびらかしたいですね」とコメント。
続いて、野沢さんは「食べるのが大好きだから、(ワニノコと)焼肉食べながら、今日の映画こうだったねっておしゃべりしたいなと思います」と答えてくれました。
最後に中川さんは、少し悩んで、「彼氏にするなら、クールなミュウツー様ですね。みんなの憧れミュウツー様と付き合ったけれども、ミュウツー様に既読スルーされてる、でもSNSは更新されてるじゃん、何で?! ってなってみたいです」と語ると会場は爆笑。さらに「一人でラーメン食べてると、急にミュウツーが部屋にやってきて、おうちで映画デート。『ミュウツーの逆襲』をいっしょに観て、“ここどうだったんですか?”ってきいて、“うるさい(コツン)”ってやられたいです!」と、ポケモンへの熱い愛を息つく暇もなく語り、会場を沸かせていました。
  
そんな明るい笑いで包まれた合同アフレコ。出演者の皆さん、映画への熱い思いをたくさん語ってくれました。
  
映画公開まであと少し!みなさん楽しみに待っていてください!