Pokémon

  • 公式SNS
  • Twitter
  • メニュー

公開記念舞台挨拶レポート!

TW_MAIN_BANNER
 
7月14日(土)、TOHOシネマズ 日比谷にて
「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」の公開記念舞台挨拶が行われました。
 
リサ役の川栄李奈さん、
トリト役の濱田岳さん、
カガチ役の大倉孝二さん、
ヒスイ役の野沢雅子さん、
リク役の中川翔子さん、
オリバー市長&ゼラオラ役の山寺宏一さん、
サトシ役の松本梨香さん、
矢嶋哲生監督、
そしてピカチュウとゼラオラも登壇。
  
kantoku01
 
まずは矢嶋監督から会場に来てくれた皆さまにご挨拶。
「みなさん、(映画)どうでしたか?」の呼びかけに、客席からは「最高ー!」の声が上がりました。
続けて「本当に頑張って作ったので、みなさんに届けられて良かったと思います。」とコメント。
 
kawaei01
 
川栄さんは、この舞台挨拶を迎え、
「(会場には)小さい子が多いのかなと思ったら、
大人の方もいて、ポケモンは世代を超えて愛されているんだなと実感しました。
そんな作品にかかわれて本当に嬉しいです!」と語ってくれました。
 
hamada01
 
濱田さんは、
「ポケモン世代の一人として、これから始まるみんなのステキな夏休みの一日になるかもしれないと思うと、
責任と喜びがあって、とても嬉しい気持ちで臨ませていただきました。」とコメント。
 
okura01
 
大倉さんは、「ポケモン映画に出させてもらうのは、自分でもものすごく意外で、
期待に応えられるかどうかというプレッシャーの中で一生懸命やらせていただきました。」
と語ってくれました。
 
nozawa01
 
「ヒスイおばあちゃんの野沢です。よろしく。楽しんでってちょうだい。」と、
野沢さんはヒスイの声で挨拶。
 
nakagawa01
 
「ポケンちわー!」と会場に挨拶する中川さん。
「いい所が1個じゃなく100個くらいあったよね!
たとえばラッキーの口元とか!バルキーの眉毛とか!トリトの“マ”行の発音とか!
語りたいところが、たくさんたくさんあるので、ぜひ、みんなで観にいって、みんなといいところを語り合って、
そしてまた、新しい未来にポケモンと一緒に進んでいきましょう!」と熱くコメントしてくれました。
 
yamadera01
 
山寺さんは、
「毎回役が違うので、毎回新作に挑むつもりでドキドキなんです。
今回初めて、終わった後ピカチュウに、“市長よかったよ”的な事を言われたんですよ。」とコメント。
「だよね?ピカチュウ。ほめてくれたよね?」と山寺さんが確認すると、
ピカチュウは「ピカピーカー」と答えていました。
 
pikachu01
 
matsumoto01
 
松本さんは「今年21作目ということで、ハラハラ、ドキドキ、ワクワクして今日を迎えたんですけど、
こんなにたくさんのみなさんが見に来てくださっている、
そしてこの熱い夏をポケモンと一緒に笑顔ですごしてくださっているというのが、すごく嬉しいなと思います。」
と語ってくれました。
 
kawaeihamada
 
ポケモン世代である川栄さんと濱田さんは、
ゲスト声優として出演したことや映画を観た感想について質問され、
 
まず川栄さんが、「すごく感動しましたし、小さいときにポケモンを観て元気や勇気をもらったのに、
大人になってから映画を観ていなかったので、なんで観てこなかったんだろうと思いました。」と答えてくれました。
 
それを聞いた松本さんは「DVD、出てる」と川栄さんに突っ込み、川栄さんが「買います!」と笑いながら返す一幕も。
 
濱田さんは、「小学生の頃、ゲームが発売されて、ポケモンで育ったといっても過言ではないので、子どもの頃あこがれていた世界に、自分が少しでもかかわることができたという事に本当に感動しました。」とコメント。
 
また、ご自身がポケモンにどれほど影響されているかを表すエピソードとして、
「声をあててるときに、ピカチュウの声がヘッドホンから聞こえたんですよね。なんだか心がざわざわしちゃって…、噛むっていうね。セリフを。」と苦笑いしながら、アフレコ時の様子を明かしてくれました。
 
kusudama
 
ここで、映画の公開を記念してモンスターボールくす玉が登場。
「ポケモン、ゲットだぜ!」の掛け声で、松本さんと川栄さんが緊張の面持ちでくす玉を割ると
中から“大ヒットをゲットだぜ!”の垂れ幕が出てきて、会場を一層盛り上げていました。
 
その後、“ポケモン、ゲットだぜ!”のおなじみのフレーズにちなんで
この夏ゲットしたい物や事を聞かれた出演者の皆さん。
 
maturika02
 
まず松本さんが「今年の夏、みんなの笑顔、ゲットだぜ!」と答えると、会場からは拍手が。
 
kawaei03
 
続いて川栄さんは「今年の夏、思い出、ゲットだぜ!」と元気よく答え、
「今日このメンバーの中に立てたことが最高の思い出なので、胸にしまってお仕事がんばりたいと思います。」とコメントしてくれました。
 
hamada02
 
濱田さんは「今年の夏、メリハリボディ、ゲットだぜ!」と答えた後、
30才になって予定に無かった人生2度目の幼児体型が訪れたことを明かし、会場を沸かしていました。
 
ookura02
 
大倉さんは「今年の夏、車のエアコンの修理、ゲットだぜ!」と、とてもリアルで具体的なものチョイスし、会場の笑いを誘っていました。
 
nozawa02
 
「この夏、大型夏休み、ゲットだぜ!」と答えた野沢さん。
夏休みが取れないほどお忙しい野沢さんは、1ヶ月ほどお休みが欲しいと願いを込めてのコール。
 
nakagawa02
 
中川さんは、「この夏、青春、ゲットだぜ!」と回答。
最近、ポケモン映画のレイトショーにみんなと行った事、
ポケモンを通じてイベント等に一緒に行こうと話している事をあげ、
「ポケモンが人生を変え続けてくれている。」とコメントしてくれました。
 
yamadera02
 
山寺さんは、「この夏、クロールを、ゲットだぜ! 
もっとくわしく言うと、肩関節の柔軟性を、ゲットだぜ!」とコメント。
50肩に悩まされているという山寺さん、
この夏クロールができるほど肩の柔軟性を高めたいと語っていました。
 
最後に、矢嶋監督が
「映画の中のキャラクターは、ポケモンによって一歩踏み出すことができるようになりますが、
みんなの周りにも、必ずそういった存在がいると思いますので、ぜひ探してもらえたらと思います。」
と締めくくりました。
 
shime01
 
会場のみんなで、モンスターボール型のフライヤーを掲げながら一緒にコールし、
舞台挨拶の締めを飾りました。