ポケモン映画 プレイバック・ザ・ヒストリー

2011年 「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」 | ポケモン映画 プレイバック・ザ・ヒストリー

  • 東日本大震災(地震名:平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震)3/11
  • 九州新幹線が全線開業 3/12
  • なでしこジャパン、ワールドカップ優勝 7/17
  • テレビ放送が地上波デジタルに移行 7/24
2011年 「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」 予告編 湯山監督当時を語る

ストーリー

「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」

イッシュ地方を旅するサトシとピカチュウ、アイリス、デントたちは、「大地の剣」と呼ばれる城を中心に広がる街、アイントオークにやってきた。この街は、かつて「大地の民の王国」として栄えていたが、現在は衰退してしまっていた。サトシたちは、アイントオークの収穫祭の記念バトルに参加し、そこで人やポケモンにふしぎなパワーを与えることのできる幻のポケモン・ビクティニにと出会い、仲良くなる。
王国復活を願う大地の民の末裔、ドレッド・グランギルは、ビクティニのパワーを利用し、「大地の剣」を動かそうとたくらむが、その影響により、アイントオークはかつてない異変に巻き込まれてしまう。
果たして、サトシたちはこの街の危機を救えるのか?ビクティニの運命は?
ゼクロム、レシラムの謎とともに、ポケモン史上最大の冒険と感動が、君に迫る!

活躍したポケモンたち

個性豊かなキャラクター


おもいでのグッズ